【地方創生事業】【女性創業支援】

おいしいお米が出来るまで。

  • HOME »
  • おいしいお米が出来るまで。

最上郡は川資源が豊富な土地で、昼夜の寒暖差も大きいため肥沃な田んぼで米作りに適しています。

そんな肥沃な田んぼで農家が約10か月間手塩にかけて作るお米は絶品です。

米作りカレンダー

3月

種子浸水

種を水につけ積算温度100度前後まで

浸します。

苗作り

4月 あぜ直し、苗作り、育苗

水漏れ防止のため田んぼのあぜを

直します。

苗作り③

苗作り④

5月 上旬:田のあらおこし、

    田んぼ周りの除草、

    水入れ、

    しろかき

下旬:田植え寒暖冠水、

    追肥

田植えの準備と田植えをします。

しろかき

田植え田植え後

6月 中干、水量調整

一度水を抜いて根を強くします。

田に水を入れたり抜いたりと調整をします。

7月 2度目の除草、追肥、消毒

この追肥のタイミングで穂の育ちが

変わってくるため重要な時期となり

ます。虫や病気防止で消毒を行います。

生育過程

8月 消毒、草刈り、落水など

田んぼの状況や穂の成長しっかりと

見極め必要な処置を行います。

9月~

10月

積算温度1000度を超えれば

稲刈り

穂が実ってから1日の寒暖差があるほ

どおいしいお米になると言われています。

収穫前

10月~

11月

脱穀、乾燥、保管

乾燥をじっくりとすることで、

米の旨味が変わってきます。

収穫後

11月 雪が降る前に翌年のための田ん

等の整理

翌年の田んぼの土壌を考え収穫後

から手を加える方もいます。

新米

12月 温度変化の少ない場所で

玄米保管

適温は15度前後と言われています。

また雪室保存することで旨味が増す

とも言われています。

米作りには時間と手間が多くかかっており、また自然との闘いでもあります。

農家さんは自然のエンジニアという事ですね。

お問い合わせはコチラから TEL 050-5216-6579 受付時間 9:00-18:00[土・日・祝除く]

購入はこちらから

PAGETOP
Copyright © フレッシュライフ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.